2008年12月アーカイブ

   

1 2 3 4 5 6 7 8

 

Google Friend Connect: Add social features to your site

GoogleFriendConnectの横幅を、TKHT.jpのサイドバーのサイズ160pxに変更し、カラーリングを合わせてみた。

iPhoneアプリ界で最高クラスのすばらしいUIを搭載した辞書アプリ! 辞書の既成概念を変えてくれます!

単語を検索するだけでなく、調べた単語の意味の中の単語を選択してさらに調べることができる。知りたい単語を選択していったら、気がつくと最初の単語からかけ離れたことばを調べていたりします。

使えば使うほどありがたみを感じるでしょう。




clipped from mb.softbank.jp
iPhone 3G用 電話帳コピーソフト

iPhone 3G用 電話帳コピーソフト

  • ※ iPhone 3Gへ電話帳をコピーするには、別途iTunesでの操作(同期)が必要となります。
  • ※ 対応OSは、Windows Vista/XPとなります。

いますぐダウンロードする

 blog it

Coda


  • JSP-HTML、Smarty Template および Perl モードを改良
  • エディタのコンテキストメニューにプラグインメニューを追加
  • 複数行のクリップを挿入する際、挿入行のインデントレベルを保持するよう改良
  • Applescript で新規書類ウインドウを作成できるよう改良
  • ブックの削除中に例外エラーが起こる可能性のあった潜在的な問題を修正
  • ソースを表示および最新のリビジョンにアップデートのショートカットを修正
  • Perl モードで空の qw() ファンクションのカラーリングが適切でなかった問題を修正
  • フォルダに移動ダイアログで、移動先が空の状態で移動ボタンを押すと例外が起こっていた問題を修正
  • ASP モードで <script runat="server"> のカラーリングをサポート
  • > を入力するとそれに対応するタグを誤って閉じないよう修正
  • クリップ名が編集中の項目を含むクリップグループを削除すると例外が起こっていた問題を修正
  • Web プレビューの URL 入力欄でエスケープされた URL が適切に処理されなかった問題を修正
  • 挿入を取り消しする際、挿入前に選択されていた状態に戻るよう改良
  • Windows 改良コードでコメントタグを使用すると、余計な改行コードを挿入していた問題を修正
  • すばやく開くウインドウから書類を開いた際、その開かれた書類にフォーカスするよう改良
  • システムレベルのシンボリックリンクを移動する際に起こっていた問題を修正
  • Objective-j 言語モードでコメントタグを追加
  • FileMerge を起動しないよう、他の場所にある opendiff をサポート
  • カスタムブックを再度開くとブックヘッダが表示されない場合があった問題を修正
  • SMB ボリュームの項目名がすばやく開くウインドウで適切に表示されない場合があった問題を修正
  • 空の書類にスペースでインデントを戻すと起こっていた例外を修正
  • ごく稀に複数書類にまたがって検索/置換を行うと例外が起こることがあった問題を修正
  • 公開時のカウンタに関する問題を修正
  • Command-Delete ショートカットで、フォーカスされているエディタの選択行で動作するよう改良
  • Coda プラグインスクリプトで "#!" コメントが正しく認識されるよう修正
  • Web プレビューで DOM インスペクタを表示した際、常に class/id の構造ツリーが表示されなかった問題を修正
  • タブを閉じた際に Web プレビューが適切に自動更新されないことがあった問題を修正
  • 移動(メニュー) -> 次の変更のショートカットを修正
  • クリップを削除およびクリップグループを削除の各ボタンのツールヒントを修正
  • 入力属性が黒からその後適切なカラーになっていた問題を修正
  • とても長い文字列を入力する際、より軽く動作するよう改
アンティーク調の写真が撮れるアプリ。



OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.21-ja

このアーカイブについて

このページには、2008年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年11月です。

次のアーカイブは2009年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。